縫製の仕事内容とは

2021/03/25 コラム

縫製の仕事に興味がある方は、モノ作りが好きな方や興味を持っている方が多いのではないでしょうか。
そういった方は、縫製の仕事が天職になるかもしれませんね。
ここでは、縫製の仕事内容やその仕事はどんな人が向いているのかについて述べたいと思います。

▼縫製の仕事内容とは
縫製の仕事内容とは、工業用ミシンを使い服や小物を縫製したり仕立て直しをします。
この仕事は時間との勝負で、納期が一日単位だったり時間単位だったりするので、非常に厳しいです。
量産品はプロセスにより担当が細かく分かれています。

■必要な技術は?
縫製の仕事に必要な技術は、体力、やる気、工業用ミシンを使用できることです。
ずっと座って仕事しているイメージですが、縫い目が曲がらない様に注意し速いスピードが求められるので、実は体力が必要な仕事なのです。

■縫製の仕事に向いている人はどんな人?
縫製の仕事に向いている人は、以下のような人です。

・手先が器用な人
絶対条件ではありませんが、やはり手先が器用な人が向いていると言えます。
・注意力のある人
工業用ミシンでまっすぐ縫い続けることが必要なので注意力が必要です。
受注の度に縫製仕様書も違い、糸の色、縫い目、タグの位置など細かいところまで照合する注意力も必要とされます。
・協調性のある人
どんな仕事でも必要となるものかと思いますが、協調性のある人が求められます。
次の工程の人が作業しやすいように配慮したり、納期に間に合わせるための話し合いもありますので協調性が必要です。

▼まとめ
今回は縫製の仕事内容等についてお話ししました。
読んでいて意外なこともあるのではないでしょうか。
この仕事に興味のある方に少しでも参考になったのであれば、嬉しいです。