【ミシンオペレーター】ソーイングスタッフの仕事内容とは

2021/04/13 コラム

縫製工場と聞いて想像することと言えば、ミシンでひたすら縫製をしている人が頭に浮かぶのではないでしょうか。
縫い物が得意な人は「ミシンオペレーター」という仕事に興味を持つ人もいるのではないでしょうか。
ここでは、縫製工場で働くミシンオペレーター含むソーイングスタッフの仕事内容についてご紹介します。

▼ソーイングスタッフの仕事内容とは
ジャケットやパンツ、スカート、ジーンズ、帽子などのアパレル製品を作る過程で製品を縫製するのが仕事です。
パターンを基にしてカッティングをし、裁断されたパーツに付属品などが付けられた後に縫製作業を行います。
注文を受けたデザインになるように手順ごとに縫い合わせていきます。
縫い方としては、複数のミシンを使用することもありますし、手縫いで作業することもります。

■求められるスキル
ソーイングスタッフに求められるスキルは以下のようなものがあります。

・縫製スキル
最低限、縫製出来る技術が必要とされ基本の技術は専門学校などで習得することができます。
・根気
量産工場の場合は同じ作業を長い時間繰り返すことになるため、こういった作業ができるような根気のある人が向いています。
・精神力
1点ものを作成するときは失敗が絶対許されないため、こういった大切な時に力を発揮することができるような精神力が必要となります。
・向上心
スキルを向上させるためには向上心があることが大切です。

▼まとめ
今回は、ソーイングスタッフの仕事内容についてご紹介しました。
弊社は岡山県真庭市周辺の方はもちろんのこと、全国から衣類の縫製加工に関するご依頼を受け付けて、日々プロならではの技術で対応にあたっております。
作業に熟練したスタッフたちが、技術・経験・知識を最大限に活用してお客様のご期待にお応えしておりますので、満足のいく製品をお求めの方はぜひご連絡ください。