布マスクの洗い方は?

2021/07/01 コラム

感染症や風邪予防などでよく使用されるようになったマスク。
そんなマスクの中でも、布マスクが普及してきましたよね。
ここでは、布マスクの正しい洗い方を紹介します。

▼マスクは手洗いする?
布マスクだからと言って、洗濯機に投げ込むのはやめましょう。
他の洗濯物に菌が付着してします可能性もあります。
手洗いであれば、型崩れしにくかったり化粧汚れも落ちやすくなります。

▼家庭で洗うことが出来るか確かめる
洗濯可や布製の家庭用マスクかどうか確認しましょう。
素材によっては、塩素系漂白剤を使用すると変色したりしてしまいます。

▼準備するもの
マスク
ゴム手袋
洗面器などの水をためる容器
衣料用洗剤
塩素系漂白剤
清潔なタオル

▼マスクを洗う手順
■基本の洗い方
洗面器に洗剤を入れ、混ぜ合わせます
洗剤液にマスクを入れ、10分間放置します
その後、10回ほど手で揉み洗いしましょう
ゴシゴシこすりすぎると、布が傷むので優しく扱いましょう
口紅やファンデーションなど、汚れが気になる方はスポンジなど使って優しくたたき洗いします
洗浄液を流し、綺麗な水で充分にすすぎましょう
マスクの水気を挟みながら切ったら、綺麗なタオルに包んで水気を取ります。
マスクをきちんと引っ張り、陰干しします

■汚れがひどい場合の洗い方
手袋を付けます
洗面器に水1リットルと塩素系洗剤を混ぜ溶かします
布マスクを10分ほど中に入れ、浸します
10分経ったら、水を2回替えすすぎます
漂白剤のニオイが気になる時には、ニオイが気にならなくなるまですすぎましょう
マスクの水気を挟みながら切ったら、綺麗なタオルに包んで水気を取ります。
マスクをきちんと引っ張り、陰干しします

▼マスクの注意点
マスクは乾燥機に入れてしまうと縮む場合があるので、陰干しがおすすめです。
マスクを扱うときには、手袋をしておくと菌に触れる機会を少しでも減らせます。

▼まとめ
手洗いは手間はかかりますが、型崩れや清潔さを保てます。
布マスクを長持ちさせたいなら、洗い方を見直してみましょう。