ミシンできれいに縫えない原因

2021/08/15 コラム

ミシンできれいに縫えない時、故障かな?と思う人もいるかもしれません。
故障を疑う前に、ミシンのお手入れをちょっとすることで、解決することができる場合もあります。
今回は、ミシンできれいに縫えない時に確認することを簡単にご紹介していきたいと思います。

▼ミシンできれいに縫えない時に確認すること
■正しくセットできているのか確認しましょう
普段通りにセットしたつもりでも、考え事をしながらしたり慌ててセットしてしまうと、
上糸と下糸がしっかりセットできていないこともあります。
もう一度上糸と下糸を最初からかけ直してみたり、ボビンを入れ直してみたりと正しくセットし直してみましょう。

■針の交換は大丈夫か確認してみましょう
針が曲がったり折れたりしてから交換する人は多いですが、針はミシンを使って入れば摩擦によって針先が丸くなっていきます。
針先が丸くなることできれいに縫えない原因になっていることもあるので、針を交換してみると解消される場合もあります。
ミシンを使っていてプツプツと音がしたら針を交換してみて下さい。

■釜周辺はきれいにお掃除されているか確認しましょう
針板の下の釜周辺にはホコリや糸くずが溜まりやすく、その状態でミシン使うときれいに縫えない原因になってしまうこともあります。
ミシンを使う前や使った後など、定期的に掃除をするように心がけましょう。

岡山県の縫製加工に詳しい株式会社T&Aでは、プロならではの確かな技術を持ったスタッフたちが日々働き、全国のお客様へ最善の商品
をお届けしております。
今できる最高のものづくりに取り組むため、経験・ノウハウと技術を駆使しながら、商品の目的に合わせて柔軟に作業しております。
一つひとつの作業をきめ細かに仕上げ、手を抜かずに検品や仕上げ・納品も対応しております。